FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



新しい感触

自転車通勤の距離が伸びたこともあり心拍数を抑えたLSDトレーニングにしようと思ってます。走行中は「エルエスディー、エルエスディー、エルエスディー・・・・」と呪文を唱えながら(もちろん心の中で)ケイデンスを抑え目に走る事を心がけます。で、早速成果がありました。というのは最近買った自転車雑誌の特集記事で「前へ踏み出すでヒルクライムが激変!」というのがあり、ヒルクライムの秘訣がいろいろと書かれていたのですが、その中で取り上げられていた秘訣が「前に踏む」といいというもの。読んだ時にはどうもピンとこなかったのですが、今日走ってみて少しその感覚が分かったような気がしました。

今まではともかく踏むといことで上から下方向へ脚を踏むことしか意識してなかったようです。発進時や短い急坂ではこれで良いと思いますが、巡航時もこれで漕いでいると効率が悪くて疲労し易いようです。それではどうするかというと脚の上下運動という意識を捨てて、漕ぐと言うのは脚の前後方向の運動だと意識を切り替えます。極力踏み込まないようにして前後方向にだけ意識を集中させます。最初はかなり意識的にやらないとすぐ前の漕ぎ方に戻ってしまいますのでゆっくりしたケイデンスでなるべく一定速度で続けるようにします。そうすると今までとは脚の違うところが疲れてくるので漕ぎ方が変わったと言うことが分かります。どうもこの漕ぎ方のが長い間漕いでいられそうです。

一番違うと思ったのはクランクに力を伝える時間が長くなったような感触があることです。たぶん上死点・下死点の越し方が今までと比べてうまく行くようになったんではと思います。よくクリートを使うとペダリングが楽になるという話を聞きますが、それもこういう現象が関係しているのかも知れません。今までずっとフラットペダルで漕いでますが、この前後方向を意識した漕ぎ方では靴底が滑りそうな感じがしてクリートで連結したらもっと楽になりそうな気がするからです。(引き脚が使えるからと言うのはまた別の話ですが。)

ということでしばらくはペダリングの意識の切替練習です。無意識でやれるようになったらかなりライディング・スタイルが変わりそうです。さらに高速ケイデンスでもこれがうまく出来たら鬼に金棒ならぬアームストロングなんですが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/334-0367242a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)