FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



欲望渦巻く催事場へ

東急東横店で行われた中古カメラ市に行ってきました。10時からということでしたが着いたときは11時過ぎ、既に会場は欲望が渦巻く沼と化していたのでした。中古カメラということもあってクラシックカメラ目当ての中高年層がほとんど、で皆さん目を血走らせて展示物を穴が開くかと思うほど凝視していらっしゃいました。まぁ自分もその中の一人だったのですが。

そんなに広い会場という訳ではないのですが、各ブースとも同じようなものを展示しているので気を付けていないと自分がいるポジションが分からなくなり、気になるブツを見つけていったん通り過ごしてから再度見つけようとすると見つからなかったりします。目立つのはやはりライカ関係、それに中判・大判カメラでした。値段は安くはないなぁ、多分皆良品なんでしょう。ここではたと勘違いに気が付きました。これはジャンク・カメラ市じゃないのでしたっけ!

一応本日の作戦は練ってありました。狙いは訳あってコニカのヘキサノンレンズ!それともしもあったらM42系レンズといったものです。なので大量に並べられたライカ類はパス、あんなに並んでいるところを見るとそんなに需要があるのかと思ってしまいますね。ライカ病感染者と感染予備軍が多いのは分かりますけども。そんな会場でう?んと唸ったのはMakinoの6x7判、軽そうであれだったらどこでも持っていけそうですが、25万ですか・・・まぁライカに比べたら安いです。

1時間ほど費やして見つけたのはHexanon40mm、がちょい高めで引いていたところでKonicaの一眼レフがB級品専用のショーケースに並んでいるのを見つけました。標準レンズ付きで2100円也!確認してみるとレンズは50mm/F1.7できれいなもの、ヘリコイドもスムーズなので即購入です。レンズ買ったらボディーが付いてきた感じです。あとはエツミの小型ライトボックス。在庫処分なのかたくさん平積みされていました。35mmだと4枚しか並べられませんが525円なのでこれも即購入。これは電池動作なので持ち出すこともできます。それとLマウント用のアルミ製ボディーキャップ。これは穴を開けて針穴レンズにするつもりです。ライカのフランジバックは短いのでけっこう広角で撮れるはずなのでBessa-Tで試してみようと思ってます。

本日の獲物はこれらだけ。また別の日に来れば違う餌があるのでしょうが健康に良くないので1日で充分です。(笑)家に帰ってKonicaの一眼レフを調べてみるとAcom-1という普及レベルのものらしく当時は「愛情コニカ」の愛称で宣伝されていたようです。チェックしてみるとシャーター速度は問題なく変わるようですがファインダー内の針が動きません。底板のネジが外れてグラグラでしたがこれは他のネジで固定してOK。ファインダーも水平スプリット式で明るく見易く、ボディー自体もコンパクトなので惜しいです。ダメ元で分解してみるかも知れませんが、うっかり直ってしまったりするとまたボディーが増えてしまう訳で本来欲しかったのはHexanonレンズのマウント部分だけなのですが。もう一つの問題は古いカメラでよくある電池の問題。今は製造中止されている水銀電池HR-9を使うようになっています。しかし調べてみると補聴器用電池PR44というのが形状・電圧も同じで使用できることが分かりました。空気亜鉛電池という種類で空気に接触させておくと消耗してしまうそうですが、バリバリ使うのでなければこれで充分間に合いそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/348-c3ec9c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)