FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



35度の京都を走る

200807kyoto-1s_20080728230939.jpg


以前MC-1を手に入れた頃、「これで定期的に京都を走り回ろう!」という野望に燃えてました。しかしMC-1での初回京都訪問直後に飯能で落車・骨折してしまい、野望はあえなくボツ。その後、もう1回は行ったのですがトータルだと年に1回も行ってない計算です。無念に思っていたところnekonoさんから甘い提案が。京都のスイーツをハシゴしに行きませんか、ですって!nekonoさんは以前京都に住んでいたそうなのでこれは良い機会と行く事にしました。

で、18日?19日であちこち走りまわって味わってまいりました。京都では老舗から現代派(?)まで多くの甘味どころがしのぎを削ってます。しかしさすがにそんなにスイーツ類ばかりはいくらなんでもきついということで今回は京菓子の老舗重点で味わってきました。

18日朝、東京駅まで自走してnekonoさんと落ち合い、新幹線で京都へ。今回自転車で走り回るために写真機材は極力少なくしたかったのでデジタル無しで銀塩だけ(Bessa-T,50mm,28mm)にしました。なので肝心のスイーツ類の写真がありません(レンジファインダーでは寄れないので)。たぶんnekonoさんのブログで見れるでしょう。

今回の個人的甘味第1位は祇園・鍵善良房のくずきりでした。氷水に浸された透き通ったくずきりを黒蜜に漬けてすすると・・・あ?ら、ビックリこの感触!なんというか今までに味わったことのない微妙な感触でシコシコでもなくモチモチでもなく何と言ったらよいのか表現に困る感触でした。蜜も自然な甘味で入っている氷もぶっかき氷で気泡がありません。作りにいっさい手抜き無しです。これなら毎日食べたいと思ってしまうほど惚れました。

第2位は緑寿庵清水の金平糖。目立たない店構えですが、中に入っていただいた金平糖のサンプルには鮮烈なインパクトがありました。店内で品定めしているとザーッという鍋で金平糖を回している音が響いてきます。いろいろなフルーツの味付けがされた金平糖があるのですが、口に入れるとそのフルーツの香りが口の中にスーッと広がるその不思議なこと。今まで口にした金平糖とは全く違ったものです。値段は高いのですがこの味と作り方(1種類の金平糖作りに十四日目から二十日間かけるとか)を知ると納得してしまいます。ちなみにこちらは漫画の「美味しんぼ」にもとりあげられたことがあるそうです。

第3位は満月の阿闍梨餅。見かけは何の変哲も無い小さな丸い饅頭で全然期待しないで食べたのですがモチっとした皮の感触が絶妙です。大きさが小さめで餡の後味もすっきりしていて何個でも食べられそうです。生地のベースは餅米だそうで材料費も安くはないでしょう。値段も安く、非常に良心的な商売をやっているように思えます。

ベスト3とは言っても回ったのは全部で5件ですが外れはありませんでした。やはり激戦区だけあって品質を落としては生き残っていけないのでしょう。外れと言えば今回の大外れはNashのピント!これには参りました。2日間で計4本撮ったのですがピンボケの大漁。それもほとんどが対象より少し前ピンになってました。今回NDフィルター装着でかなり開放で撮りましたので多少は覚悟していたのですが、慎重にフォーカシングしたつもりでも外しているのでガックリです。原因は・・・
・腕が悪い
・目が悪い
・カメラが悪い
・レンズが悪い
という線が考えられます。まあ腕や目は置いといて(笑)、ひとまず機材の方を疑っているのですが、40mm/F2.8を使っていた時はこういう問題はありませんでした。とするとキャノン50mm/F1.2の問題?しかしヘリコイドにガタは無いし、無限遠は問題ありません。距離計がずれていても40mmの場合は厚めの被写界深度だったので問題が出なかったのか?。それとももしかしてカメラボディとレンズ間の相性?しかしどちらもライカ規格でレンズ交換を前提として作られたはずだし・・・・正確なところはフィルム1本使って撮影テストをしてみないと分かりませんね。あとは別のボディを使って撮り比べてみるしかなさそうです。とりあえずまともに見えそうなものだけアップしてみました。稲荷神社のみAvenon 28mmでそれ以外はCanon 50mm/F1.2+ND4で撮っています。



200807kyoto-3.jpg
南禅寺のレンガ造り水道橋。明治時代に構築されたそうでアーチが美しい造りです。水もまだ流れています。


200807kyoto-2.jpg
水道橋の裏側にある駒ケ龍本堂の入り口付近。


200807kyoto-4.jpg
法然院の山門の内側から。


200807kyoto-5.jpg
三十三間堂の回廊天井。新品らしくこの部分はピカピカ。残念ながら本堂は撮影禁止。


200807kyoto-6.jpg
早朝(6時過ぎ頃?)の上賀茂神社。さすがに早いので地元の方が時々お参りに来るくらいで非常に静かで良い雰囲気でした。


200807kyoto-7.jpg
上賀茂神社の境内。

200807kyoto-10.jpg
京大裏手にある吉田山山頂にポツンとある山小屋風喫茶店「茂庵」。店は2階にあって市内が見渡せます。なぜこんな所に存在しているのか不思議なお店。山なので自転車では行けません。


200807kyoto-12.jpg
伏見の稲荷神社。稲荷神社の総本山です。なかなか長く険しい山道のような参道で暑さもあって途中で引き返してきました。


200807kyoto-13.jpg
お約束のタイムトンネル(笑)。全て鳥居は奉納されたもので、朽ち果てると新たに募集して立て替えるようです。


200807kyoto-14.jpg
総本山でこの子はお供えものを狙ってました。右側には見えませんがお供えをセットしているご婦人がいるので獲物は欲しいが出るに出られずヤキモキしてました。


200807kyoto-15.jpg
夕暮れ時の鴨川。背後ではお店の作った賀茂川名物・納涼床がたくさんのお客を集めています。なぜかこの辺り、この夕刻以降はアベック集中ゾーンだそうです。肩身の狭い思いをしながらここで新幹線の時間までまったりと過ごしました。




コメント

銀塩の味は

なかなかしょっぱいです。特に失敗すると。
時々甘いのですがヒット率はまだまだ低いです。
色はねぇ、悩みます。
どうも現像にクセがあるような気がしますし、焼く時にもクセがあるような気がします。
ちゃんとしたフィルムスキャナーが欲しいところです。
もっともフィルム自体にクセがありますからねぇ。

ポタは涼しくなったらやりたいですね。
GaoYanさんもネタがあったらよろしくです。

  • 2008/08/06(水) 15:02:29 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

やっぱり銀塩は「味」がありますね。
特に三十三間堂や伏見稲荷の赤というか朱色の発色が良い感じです。
時々、旅行にはレンジファインダーも良いなァ、と思うのですが、デジカメではR-1DかM8ぐらいしかなく、高価で手が出せません。

そういえば、「うまいもん」ポタもご無沙汰です。
もし気が向きましたら誘っていただけるとうれしいです。

  • 2008/08/06(水) 00:10:56 |
  • URL |
  • GaoYan #ulYx6Mu6
  • [ 編集 ]

そうなんです(キッパリ)

やはり旨いものに惹かれます。(笑)

  • 2008/08/03(日) 10:46:50 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

なんとっ!!

鈴鹿で大汗流していたら、なんとまたもや名古屋を素通りされていたとはっ(笑)!

どおりで鈴鹿の話には無反応な訳でしたわねぇ(笑)・・・。

  • 2008/08/02(土) 13:57:37 |
  • URL |
  • xida #-
  • [ 編集 ]

とてもくやしくて

新たにライカマウント・ボディーを買ってしまいました。
しかし京都は深いですねぇ。
東京なんてしょせん田舎者の集まりと言われると納得してしまいますね。

レンジファインダーも慣れだと思いますよ。
慣れると一眼レフが特殊なカメラに思えてきますから。

  • 2008/08/01(金) 21:56:49 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

今回行程の半分は撮影会でしたね。
一眼レフだと明るいレンズはピントは合わせやすいのですが、レンジファインダーだとレンズに慣れるしかないのかなあ。
私は今度は京都の左半分の甘味処を回る気満々です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/368-fa37d3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)