FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



シックス・ナイン!

20080928ensign-1.jpg


マンチェスターからやって来た謎の黒い物体、それはフォールディング・カメラなのでした。英国Houghton社のEnsign Autorangeです。Autorange 820とかAutorange 220というのもありますがこれは何も数字が付かないAutorangeというモデル。たぶんAutorangeシリーズの最初のモデルではないかと思います。前から中判カメラが欲しいよ症候群にかかっていてPentax 6x7も手に入れてはみたもののその圧倒的な重量感に打ちのめされてしまったのでした。(バケペンの意味がようく分かりました。)とても自転車に乗って気軽に撮り歩けるようなカメラではありません。

でその後は畳むとコンパクトになるPlaubel Makinaに惚れたのですが、いかんせん予算が届きません。それにこのカメラはどうもデリケートなところがあるようなのです。そんな時ネットでふとEnsign Autorangeのことを知りました。戦前の古いカメラですが、6x9判の折り畳みカメラで折り畳むと大変コンパクトになり、名前の通り距離計連動のレンジファインダーカメラです。これなら持ち運びも苦にならず、しかも中判ではもっとも大きな6x9判で撮れます。これは良いかもと思いました。

探してみると英国でオークションに出品されているのを見つけ、それもけっこうコンディションが良さそうなものでしたので何がなんでも落札しようと腹をくくったら意外と安く落札してしまいました。保険付の送料込みで約16,500円也。Plubel Makinaの約1/10といった感じです。(まぁ作られた時代が違いますが。)でそれが先週到着したのですが、カメラの開け方が分からないで悩んだりしていました。ボディー部分は軍幹部を除いて革張りで持って見るとレンズ付一眼レフ並の重さですが、薄い長方形なので持ち易くそれほど重さは気になりません。ボタンを押して扉を開けてもレンズは飛び出てきません。よっこらっとレンズを手で引っ張り出して蛇腹を伸ばして撮影状態になります。

20080928ensign-2.jpg


作りは非常に丁寧で頑丈そのもの。平たい金属のカタマリのような感じで、いざという時は畳んだ状態なら凶器にもなりそうです。距離計はファインダーとは別窓の2眼式ですが戦前のものとしてはよく出来ています。Bessa-TやLeica?と同じですから特に問題はありません。このAutorangeは前期と後期で仕様が変わっているようでこの機体は前期のものです。前期は、Carl Zeiss Tessar F4.5/105mmでシャッターが独デッケル社のCompur(1?1/250秒)ですが後期ですとレンズが英国製のRoss Xpress F4.5/105mmとなり、シャッターも1/400秒までのConpurとなっているようです。

撮影時は現代のカメラと違って作法も必要です。最近のカメラなら露出は自動、フィルム巻き上げも自動、場合によってはフォーカスも自動とカメラの方で何でも面倒を見てくれますが、Autorangeだとフィルム巻き上げとシャッター・チャージは非連動で別々に人間が面倒を見なければなりません。なので常に二重露出の危険が付きまといます。そこで作法を守ることが大切になります。でもAutorangeで助かるのは距離計が使えることでこれがなかったら入手は考えなかったでしょう。少し残念なのはシャッターが最速で1/250秒なこと。なんとか工夫してND4かND8を装着できるようにして絞りを開いても撮れるようにしようと思ってます。

もう一つ問題点はシャッターが押し難いこと。正確に言うと押し難い場所にあるということです。レンズシャッターでそのシャッターが蛇腹で本体からかなり遠く離れてますのでボディー側にはシャッター・レリーズ機構はありません。指先でレンズ脇のレリーズ・ボタンを押さなければならないのですが、そのためにカメラのホールディングがなかなか微妙なことになります。慣れれば問題ないのかも知れませんが、これはレリーズ付きのグリップを装着すれば解決出来るんじゃないかと思います。

Autorangeを袋から取り出した時、1枚の伝票がいっしょに出てきました。納品書かと思ったらリバプールの修理業者の伝票でした。どうもシャッターに問題があったようでメンテナンスをしてついでにクリーニングをしたとなっています。料金は60ポンドで2006年7月17日に引き渡されたようです。ということはある程度シャッターは大丈夫と思って良いかも知れません。なんせ戦前のメカですからノーメンテで正常に動く方が不思議です。ともかくフィルム(当然ポジ)を入れてテストしてみたくてうずうずしてます。

20080928ensign-3.jpg


コメント

実は

それがなんと出来ちゃうんですよ。
がしかし、あくまでこれはレンジファインダーカメラ、
悲しいことに効果の確認が出来ないのが痛いところです。
何で出来るんでしょうね?

  • 2008/09/30(火) 03:32:08 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

ヤッタネ!予想的中!(笑

蛇腹部分は伸びるだけなんですか?
シフトやティルトができると、「ジオラマ風実写撮影」ができそうですけど。

  • 2008/09/29(月) 22:50:28 |
  • URL |
  • GaoYan #ulYx6Mu6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/389-8a813cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)