FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



Foveon初現像

ようやくFoveonセンサーで撮ったRAW画像を現像しました。実はデジタル現像は今回初めて。RAWで撮れるカメラはありましたが、特にメリットが感じられずやったことがありませんでした。しかし今度のシグマSD14だとやらざるを得ません。シグマのサイトから専用ソフトのPhotoPro V2.5というのをダウンロードしてインストール。早速CFに溜まった60枚ほどのRAW画像をオート設定で現像してみると3?40分かかりました。使ったマシンがCeleron1.7GHzなせいもありますが、数百枚だったらえらい時間がかかりそうです。

そして結果のJPEG画像を見てみると・・・・へ?これはなかなかいい感じではないですか。自然な解像度の高さがあって独特のムードを感じます。無理やりキリキリッとした解像感ではなくて一見するとややソフトタッチ、でも細かいところもキッチリ写っているという感じです。これがFoveonの特徴なのでしょうか。

20081201sumire-1.jpg
SD14 + Mamiya Macro Sekor 60mm/F2.8(現像オート設定)


しかしRAWデータの大きさは少々不便です。最近はメディア価格も下がってきたのでそう気にすることもないのかも知れませんが、バックアップとか管理方法とかを従来のデジカメとは別に考えなければならないようです。RAWデータは銀塩で言えばネガに当たる訳ですからこれをちゃんとオリジナルとして管理してやらないとせっかくFoveonで撮った意味がなくなります。そういう所のサポートはシグマの方ではまだないようでその辺はユーザーまかせのようです。

まあデジタル現像もどういう風にパラメータをいじったら良いのやらさっぱりですから気長に取り組んでみます。それから試してみたいのはモノクロです。せっかくの3層構造のFoveonでモノクロなんてセンサーの持ち腐れ、と思われるでしょうがモノクロ表現の大事なところで意味がありそうです。

20081201sumire-2.jpg
新聞の文字がちゃんと読めるのにびっくり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/411-b1c6173c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)