FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



Bologon テストシュート@江ノ島

Bologonが完成して嬉しくてしょうがありません。とにかく試写しなければ・・・それも海じゃないと(笑)ということで江ノ島へ行くことにしました。レンズが完成してから昼食を食べて昼寝をしたので片瀬江ノ島駅に到着したのが午後4時ちょうどでした。あんまりすっきりした天気ではありませんが、運が良ければ夕焼けが写せるかも知れません。混雑を避けて下道の坂道を登ってサムエル・コッキング苑へ入り、展望灯台からの景色を撮影、それから奥の院を通って岩屋洞窟の前の海を撮り、少し戻っていつも寄り道する「富士見亭」で一杯やりながら撮影画像を確認です。Bologonはパンフォーカスなので構図を決めて写すだけ、あとは露出補正をするとかしないとかしかありませんので撮るのは楽チンです。画質はどうしても眠い傾向なのでDMC-G1のフィルム・モードは通常ノーマルにしているのをダイナミックに変えて撮影しました。さすがに推定F8なので日陰に入るとガクッとシャッターが遅くなってしまいます。やはりこういう条件だとボディー内手振れ防止が欲しくなります。



20090510enoshima-3.jpg


20090510enoshima-2.jpg


20090510enoshima-4.jpg


20090510enoshima-5.jpg


20090510enoshima-6.jpg


20090510enoshima-1.jpg


画像は全て4000x3000のJPEGを14%縮小しました。一見トイカメ画像風ですが、一味違うようです。周辺の急激な破綻具合には思わずニンマリしてしまいました。

このBologonの問題点ですが、あまりにもデリケートな構造なのでカメラに付けっ放しの状態ではカバンに入れられないことです。(ぶつかったらポロッと逝ってしまいそう。)なのでカバンに入れる時はいったん外してレンズケースに収納して現場に着いたら装着しないとなりません。これは面倒なので何か考える必要があります。それと画質ですが、やっつけ仕事が祟って周辺でかなり色滲みが出ます。これ必ずしもマイナスとは言えないのですが、調整はしてみようと思います。ところが拡大して見ると画面中央部は意外と高画質。ハレがもっと少なければ素晴らしい画質だといっても良いでしょう。G1のEX光学ズームを使えば周辺の画素を切り捨ててもっと全体の画質を上げられそうです。(今回は使いませんでしたが。)アクリルの2枚構成の広角レンズでノンコーティングなのですからこれだけ写れば大したものです。今更ですが、コニカの設計・制作チームはいい仕事をしたものだと思います。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/455-ad1aa47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)