FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



なぜシネレンズなのか?

昨年末あたりからパナソニックG1のフランジバックが極端に短いことに目を付けたマニアがシネレンズ(C-mount)用のマウント・アダプターを試作したことにより世界各国で中古シネレンズが暴騰しました。あ、過去形ではないですね。今でもさらに暴騰しています。もともとは高価なムービーカメラ用レンズだったので当時の販売価格に対してある程度妥当な値段になったと言えるのかも知れません。うちにも徐々にシネレンズが増えつつありますが、これら旧式なシネレンズの魅力っていったい何なのでしょう?

思うにそれぞれのレンズが超個性的であることじゃないかと思います。最近のレンズは確かにカリカリによく写りますが、没個性的ですね。例えば同じ焦点距離、同じ口径比のレンズの写真を見てこれはニコンだ、あっちはキャノンだとか果たして分かるでしょうか?写りを追求した結果、行くところまで行ってレンズの個性というものはほとんど削ぎ落とされてしまったように思います。そこへ行くとシネレンズは当時コンピューターは無かったし、設計理論も古い、ガラス材も現在と比べてそれほど高品質ではなかったし、ましてや非球面なんてありませんでした。

が、それだからこそ現在ではあり得ないようなアンバランスな設計が許されて収差バリバリというレンズが作られました。(スティール用ではなく、ムービー用だからという事情もあったのでしょう。)設計者の個性がレンズに滲んでいるかのようで、撮ってみるとそれぞれ1本1本が香りが違う香水のごとく感触が異なります。だから撮っていて楽しいのです。このレンズだったらどんな絵になるだろうかとワクワクしてしまうのですね。これにはG1のファインダーの作りの良さもかなり貢献していると思います。これはG1の成り立ちがカメラではなく、ビデオカメラにあるということも多いに関係していると思います。もしG1でなく、例えばレンジファインダーだったらかなり状況は違ったでしょう。

たまたま澤村徹氏のmetalmicky's Blogを読んだところシネレンズの魅力について実に核心的な記述があるのを見つけました。「つまり、G1にシネレンズを付けて撮ると、1枚の写真にハイファイとローファイが同居するわけだ。」 あぁ、なるほど!これです、これです。本来の設計仕様を越えたイメージサークルのために周辺は破綻しつつも主題にはキリリと来るピント!Nashはこれに惚れたのですね。ハイファイとローファイのハイブリッドな絵、現代レンズには有り得ない、これこそが個人的にシネレンズ最大の醍醐味だと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/496-a1cddb1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)