FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



期待のレンズ到着

チェコからMeoptaのCマウントレンズがやって来ました。Video Opticon 16mm/F1.4、名前からしてシネ用ではなくTV用なのでしょう。黒くしっかりした作りで期待してG1に装着してみたのですが・・・・鏡銅部分が太くて最後までねじ込めませんでした。 orz 
写りは良さげなのですが、鏡銅部を削るとかしなければ近接専用ということです。まあ送料の方が高かった程度なので諦めはつきますけども。

次の日に今度はニューヨークからまた荷物が届きました。これも例によってCマウントレンズ。いつも海外から届くレンズには大きな期待はしないのですが、今度のはちょっと違います。誉れ高きスイスメイドのKern Macro-Switar 26mm/F1.1。現在のレンズメーカーではこういうレンズはコスト面から製造不可能という話を聞いたり、ネットで素晴らしい作例写真を眺めたりしてムラムラしていたのですが、その値段に躊躇していました。(近年かなり高騰していましたし。)最近はフォーサーズ連合が快進撃していてカメラ雑誌にもシネレンズ特集が組まれると言う状況からして「今決断しなければ永久に手に入らないかも」と危機感(?)を抱き、とうとうとい言うか、やっとと言うか、清水の舞台から飛び降りました。たまたま個人のムービーコレクターと思われる人からのミント品を落札することが出来たのです。それがようやく到着です。

早速G1に装着してファインダーを覗いてみると・・・

「!!」

EVF越しにも明らかに絵が違います。Switarは25mm/F1.4を持っていますが、それとはまた別の世界が見えます。なんというか、変な例えですが大排気量のアメ車の余裕?とでも言ったらよいのでしょうか。はたまた気品があると言ったらいいのか。決してキリキリではなく、甘味やダシの旨味を感じさせる絵です。それでは完璧なのか?と言われれば、軽微ながら周辺欠けがありますし、周辺は収差で流れがあります。また樽型湾曲も目立ちます。でもそんなことはどうでもよくなってしまう魅力があると言ってしまいましょう。このレンズ、Nashの持っているカメラ機材の中で最重要機材になるのではないかと思います。


20091213-1.jpg


20091213-2.jpg


20091213-3.jpg

コメント

ramjeeさん、どうもです。
やはり狙ってらっしゃいますか。
それでは紐を解きましょう!
紐なしバンジーです!
後は野となれ山となれ、この玉と心中じゃー・・・
という覚悟で飛び降りればたぶんOKです(笑)。

  • 2009/12/15(火) 19:07:19 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

マクロスイター26/1.1いっちゃったんですね!
ボクもずーっと憧れのレンズなんですけど未だに手に入りません、
なかなか清水舞台から飛び降りられなくて、
というか飛び降りたつもりでクリックしてもいつも落とせません(笑)

  • 2009/12/15(火) 09:08:49 |
  • URL |
  • ramjee #tpfxDuaM
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/536-0bd2f495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)