FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



iPhone用グリップ Owle Bubo

iPhoneの最大の魅力は指先でスイスイと使えるインターフェースにあると思いますが、そのボディデザインも素晴らしいと思います。ほんとに薄くてポケットにもスルリと入ります。で、取り出そうとすると滑る、滑る。薄くて全体的に引っかかる所がないので、片手で持つときはツルッと落としそうで怖かったりします。デザインが優先で、確実にグリップするという大切な機能が疎かにされる、というのもなんかアップルらしいなぁ、とか思ってしまいました。

このiPhoneの掴みにくさ、カメラとして撮影しようとするとさらに問題になります。この薄っぺらな筐体を安定してホールドするのは至難の技、片手だと条件にもよりますがだいたいブレてます。両手で慎重にホールドして精神集中しないとだめですね。ブレがなくなったタイミングを自動的に検出してシャッターを切るカメラアプリもありますが、状況によってはブレが止まらないのでいつまでたってもシャッターが切れないということもありました。結局それなら多少ブレてもシャッターが切れた方が良いということで、純正カメラアプリに逆戻りしてしまったり。

このiPhoneそのもののホールドしにくさを感じているのは万国共通のようで、その対策としてiPhone用カメラグリップ(?)が作られていました。アルミニューム削り出しの凄い作りです。動画を見るとiPhoneにシリコンジャケットを被せ、それからこのOwle Buboにはめ込んで使用するようです。確かにこれなら両手で下側に突き出たハンドルを握って確実にグリップ出来そうです。プロが使うビデオカメラ用のグリップと似ていますから、その辺がヒントになっているのかも知れません。レンズ周囲にはネジが切ってあって、そこにワイコンやクローズアップレンズが付きます。その他にも、上面にライト用のアクセサリーシュー、底面に三脚用ネジ穴、外付けマイクが装着可能と単なるアルミブロックではなく、いろいろな工夫が施されています。

静止画を撮るにはBuboを両手でホールドすれば確実にブレを防げそうです。もう一つメリットはiPhone単体だとどうしても縦構図が多くなってしまいますが、普通のカメラ同様に横構図の写真が楽に撮れることです。動画の場合は横構図が大原則ですから、静止画同様にメリットがあると思いますが、歩き回りながらの撮影では画像を安定させるための工夫がさらに必要でしょう。最大のデメリットは荷物が増えてしまうことですが、iPhoneを撮影で活用しようとするなら悪い投資ではなさそうです。OWLE Buboは本体、ワイコンレンズ、外部マイクが付いて約$130+送料。う?ん、微妙なところですね(笑)。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/579-3dc22eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)