FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



Photoshop Elements 8でのデジタル・ネガ作成方法

先月出席したプラチナ・プリント・セミナーではセミナー会場にあったMacでPhotoshop CSを使ってでデジタルデータからデジタル・ネガを制作しました。しかし、Photoshop CSは高いし普段それほど必要性もないので、出来れば廉価版のElementsで何とかならんかなと試行錯誤してみました。

デジタル・ネガの作成プロセスはこんな感じです。
1. オリジナル・データのトーンを整える。(トーンカーブを使用してなるべく階調豊かに焼けるように)
2. 画像を左右反転させる。
3. ネガ画像にする。
4. 製版用フィルムにモノクロ印刷する。

Elements 8の場合はまず1番で引っかかってしまいます。CSではあったトーンカーブ自体がありません。しかし、探してみるとサードパーティー製のプラグインがあってこれが使えることが分かりました。オーストリアのAlois Zingl氏によるSmartCurveというプラグインです。これをダウンロードしてElementsのPlug-Inディレクトリにフォルダー毎コピーするだけで、フィルター>easy.Filter>SmartCurveで呼び出せるようになります。プレヴューやヒストグラムも見ることが出来るので使い勝手はCSのトーンカーブとほとんど変わりません。

2はイメージ>回転>左右に回転でOK。
3はフィルター>色調補正>階調の反転でOK。
あとは製版用フィルムの大きさに合わせて印刷すればデジタル・ネガは完成です。

しかしまだこの先に問題があります。調整すべき点はこのデジタル・ネガがどれだけ階調性を持って紫外線を遮断するかというところです。(プラチナの感材は紫外線に感光するため)セミナーではエプソンの顔料プリンター用のドライバーQTRを使いましたが、QTRはエプソン用しかありません。残念ながら我が家のプリンターはキャノンの顔料プリンターなのでQTRが使えません。プリンターを入れ替えてしまえば一気に解決なのですが、自分で調整してキャノンで印刷するというのも有りかも?とちょっと悩んでいます。

あと薬品の問題もありますが、プラチナ・プリント用のレンタル暗室が近日オープンという話もありますので、その辺は何とかなるのではと期待しています。せめて自宅でデジタル・ネガを完成させるところまで持っていきたいと考えています。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/618-b818f980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)