FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



グッジョブ >Pogoplug

20100726.jpg


前からちょっと面白そうだなと思っていた米国Cloud Engines社のPogoplugを導入してみました。その売り文句は「Your Personal Cloud!」です。何をトボけたことを言ってるんだろうと思っていましたが、なるほど確かにそのとおりで看板に偽りはないようです。クラウドをいつでも、どこでも、誰でもと言うように捉えればまさしくそのように、それがいとも簡単に実現出来てしまうのが素晴らしいです。

Pogoplug自体は可愛らしいデザインの小箱で、これは第二世代の製品なのでV2とか外観からPinkと呼ばれているようです。小箱には電源差し込み口とイーサネットポート、USBポートが4個付いているだけです。準備はネットワークのルーターと繋ぎ、USBポートにハードディスクを繋ぐだけで終わり。バックアップ用に使っていた160GBのドライブを接続しました。次にwww.pogoplug.comに行って自分のアカウントを作ってアクテベーションを行ないます。メールアドレスとパスワードを設定すれば登録したメールアドレスにアクテベーション用のURLが届きますから、そこへアクセスするだけで完了です。これでUSBハードディスクが世界中どこからでもmy.pogoplug.comへアクセスすることで見れるようになります。あっけないくらい簡単。またUSBポートは複数あるので、複数のドライブを挿して使い分けることも出来ます。

これだけでブラウザから自分のデータへ自由にアクセス出来るようになり、もし誰かとデータをシェアしたくなったらそのフォルダーを相手のメールアドレスを指定して公開設定すれば相手も自分と同じようにフォルダーにアクセス出来るようになります。メールで送れないような大きなデータを渡したりとか、共同作業を行う必要がある場合とか、用途は多岐に渡るでしょう。ブラウザだけでも使えますが、Windows、Mac、iPhone、Android、Blackberry用のクライアントソフトも用意されていてモバイル環境でも同様に使えます。はやりのクラウド・サービスでも同じようなことは出来るでしょうが、ストレージデバイスが自分の所に置いてあるというのは、どこか遠くの見えない場所にデータが置いてあるのとは違って安心感があって良いです。

良いことづくめのPogoplugですが、弱点を探してみると・・・
・漢字テキストを参照すると文字化け(日本語PDFは大丈夫)
・Cloud Engines1社のサービスであること(倒産でもしたらアウト)
・日本国内のサポート会社がない(故障したらアメリカに送るしかない)
・未知のセキュリティーホールがあるかも?
こんなところでしょうか。

まずは写真データを整理していつでも見せられるようにしてみようかなと思っています。iPhoneさえ持っていればどこでも全ての写真を見せられるようになりますから、ポートフォリオを持ち歩かなくても済みます。まだ分からない部分もありますが、なんでこんな良い物が国内販売されないのかちょっと不思議です。

(Pogoplugの詳細は清水理史のイニシャルBに分かり易くまとまっています。)






コメント

たぶん同じ仕組みでしょう。
bufferlonas.comにアクセスするようですから。
バッファローなら漢字もOKかも?

そう言えば、PogpplugでExcelのxlsファイルは文字化け無に読めました。

  • 2010/07/29(木) 00:13:08 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

ピンク色の雲

「iPhoneでも使える」と謳っているNASがバッファローなどからも出ていますが、同様の利用方法でしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/639-bafd30ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)