FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



インセプション

いやぁ、参りました、2時間半の短かったこと。クリストファー・ノーラン監督ですからそれなりの期待をして観に行きましたが、その期待を倍返しされたような気分です。この監督はほんとに外さないですね。よくハリウッドでこのような映画をリリースしたと思います。試写して気に入らないとドンドコ変えてしまうのがハリウッド式、ノーラン監督の腕前を信じたのか恐らくかなり監督の主張がそのまま入っているのではないかと思います。この監督の作品は「メメント」が初めてでしたが、そのめまいがするかのような感覚がそのままハリウッド大作風になったような映画でした。

ストーリーは単純明快で、ある犯罪容疑で追われるようになった男が何とかして家族の待つ家に帰ろうととして悪戦苦闘する、それだけです。が、その単純明快な話がこの監督にかかるとあーら不思議、世にも奇妙な物語になってしまいます。ちなみに脚本もノーラン監督によるもので、まさにこの映画はクリストファー・ノーランの世界を具現化したものと言っていいでしょう。

見方によってはラブストーリー、または冒険映画、またはファンタジー映画、または謀略物と取れなくもない意味深い物語ですが、そんなカテゴライズを一蹴してしまうようなパワーを持っています。複数の現実という舞台設定も秀逸で映画の舞台としてこんな好都合な設定はなさそうです。(そういえば、「マトリックス」もこれを使っていましたね。)多少強引と思われる部分もなくはないですが、その強引さにも納得してしまう物語の展開にアレヨアレヨという間に巻き込まれ、怒涛のフィニシュを迎えます。一番印象深かったのはラストシーンのラストカット。果たして、これは現実なのか?それとも夢なのか?夢なら誰の夢なのか?どうもノーラン監督は「あなたの現実は本当に本物ですか?」と問いかけているようです。

ノーラン監督の次作は2012年公開予定のバットマン物(タイトル未定)、「ダークナイト」から物語を引き継ぐのかどうか気になります。いずれにしても期待して間違いないでしょう。


参考:
ノーラン監督のimdb.comでの読者投票による評価を新しい順に並べてみました。(10点満点)

・インセプション    9.2
・ダークナイト     8.9
・プレステージ     8.4
・バットマン・ビギンズ 8.3
・メメント       8.7

ちなみに、ジェームス・キャメロン監督の作品の場合。
・タイタニック     7.4
・アバター       8.3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/640-d3e2d1f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)