FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



iPhone用DOFアダプター

昨日このページを見て軽いショックを受けました。テスト動画が実にいい感じでフィルム風味バリバリではないですか。この映像の肝はごく浅い被写界深度にあります。DOF(Depth Of Field)アダプターというものをiPhoneに付けて撮ったのだそうです。映画の世界では特に珍しいものではなく、高価な機材が使えない場合はよく使われているようです。その方法というのは、
1. 明るい一眼レフ用のレンズを使い、その像をまずスクリーンに写します。
2. ムービーカメラの方でこのスクリーンに写った被写界深度の浅い映像をマクロ撮影して録画するのです。

これで何万ドルもする高価なムービーカメラでなくとも映画で使われるような浅い被写界深度のショットが撮れるので、フォーカシングを利用した印象的なシーンが撮影出来るようになります。スクリーンには一眼レフカメラのフォーカシングスクリーンを使うのですが、面白いのはこのスクリーン部分に振動モーターを取り付けてスクリーンを水平方向に揺らすとより画質が良くなるそうです。(スクリーン自体の質感が見えるのでそれを見えないようにします)

これをiPhoneでやろうとすると、最大の問題はDOFアダプターとiPhone本体をどうやって繋ぐかです。DOFアダプターは言わば一眼レフの外付けレンズ、iPhoneのカメラはそのような外付けを想定していません。思い浮かんだのはOWLE BuboというiPhone用のホルダー。これは標準でマクロレンズが付いていて、標準的なフィルターが使えるようにネジも切ってあります。これを使えば割りと簡単にDOFアダプターが出来るような気がしてきました。

さらに調べてみると、次なる問題点はレンズを付けた中間リングとスクリーン部分をどうやって接続するかです。ここがクリア出来れば、あとは比較的簡単に出来そうなんですが。うーん・・・・





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/641-2f884d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)