FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるカメラ 2010

フォトキナも終わっていろいろな新製品情報が入りました。そこで今のところ個人的に気になっているカメラが3機種。どれもカメラメーカーとしてはマイナーですが、いずれもユニークなカメラです。

No.1はシグマのSD-1。Foveonセンサー搭載の一眼レフSDシリーズ・フラグシップとしての登場です。現在SD-14を持っていますが、画素数は1406万画素、一方SD-1は4,600万画素と超大盛(?)です。Foveonセンサーは高解像度な描写をしますからSD-1の描写は期待が持てます。ひょっとしたら中判デジタルはSD-1で置き換えられてしまうかも知れません。心配なのはシグマなこと(笑)で、カメラメーカーとしては大きな所帯ではないですからちゃんとリリース出来るのかなという点が気にかかります。あまり遅くなると他のメーカーに先を越されて遅れを取ることも考えられます。

No.2はこれもシグマですが、レンズ交換式のDPシリーズ。ただこれはまだ海外発の噂レベルです。しかしミラーレス一眼のソニーNEXの販売が好調なこと、DPシリーズもNEXと同じセンサーサイズであること考えれば、DPXとしてNEXが切り開いた市場に追従していく可能性は充分にあるのではないかと思います。そういえばソニーはEマウントの規格を公開をすると言ってますね。Eマウントはフランジバックが短めなのでいろいろなレンズがFoveonセンサーで楽しめるように・・・なればいいな!と期待です。

No.3はケンコー(!)のデジカメです。フォトキナ閉会間近になって1台のカメラを出品したそうで(輸送上のトラブルで展示が間に合わなかった)、なんとCマウントのコンデジ。画素数は1400万画素だそうです。こんなカメラが出たら欲しいけど今さらCマウントなんてまず無理だろうなぁ、と以前言っていたカメラなので非常に気になります。ケンコー自体はカメラ生産はしていませんから恐らく中国メーカーのOEMではないかと思います。今までCマウントと言えばマイクロフォーサーズ+マウントアダプターが常識でしたが、このカメラが出ればCマウント・レンズがまっとうに使える初めてのデジカメということになります。Cマウントはもともと16mmムービー・フィルム用の規格ですからフォーサーズ規格のセンサーサイズでは無理をして使っていました。それ故イメージサークルがセンサー領域をサポートしきれず画像周辺が流れたり、欠けたりすることがよく発生します。もともとCマウント用に設計されていればこのような問題は発生せずにCマウントレンズ本来の描写が味わえるはずです。(特に広角系レンズ)このカメラ、2011年2月に発売予定で標準レンズ付で価格は3万円程度だそうです。ニッチ狙いのカメラですが、Cマウントは面白いレンズが多いのでマニア層には受けそうな気がします。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/662-a66bca55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。