FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



HOUSE

最近はまりつつある洋物テレビドラマがあります。Nashは最近テレビドラマなんてあまり見ません。ERとかも確かに良く出来ているとは思いますがなぜかのめり込む所までは行かないのですね。それがFOXチャンネルで放映し始めた「HOUSE」の1発目を観て珍しくすっかりはまってしまいました。

最大の魅力は主人公ドクター・ハウスの歪んだキャラクター(笑)。口癖は「人は嘘をつく」で表情からしてもし自分が患者だったら絶対主治医にはしたくないタイプです。直接の診察はしようともしないし、診察すれば患者に皮肉をあびせるという具合でよく主人公役にこんなキャラを立てたなと感心します。もし日本のドラマの中で医者に「人の尊厳なんてものは存在しないんだ。」なんて言わせたら大騒ぎでしょう。HOUSEの中ではそんなセリフがポンポン飛び出してきます。

性格が歪んでいるだけでは単なる悪役になってしまいますが医者としての腕は超一流で自信家という設定がさらに輪をかけて話を面白くしています。歪んだ医者と言えば思い出すのがブラックジャックですが観ているとブラックジャックの方がまだ純粋だなぁなんて思ってしまいますね。

話は毎回原因不明の難病の患者が・・・というストーリーですが、当然検査をしても原因特定が出来ないケースや矛盾する結果が出たりするケースと難問ばかり。これらを常識に捕らわれないで解決していくのが話の中核になっています。最近気が付いたのですがこの原因不明の問題を解決していくプロセスがどうも自分の知っているソフトのデバッグやシステムのデバッグによく似ていてそれでこのドラマに惹かれたのかも知れません。まぁそんなことは除外しても充分面白いドラマだと思います。

HOUSE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/98-7516e5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)