FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



早過ぎカメラとミライのカメラ

GAOさんからDigitaというカメラ用OSがあったことを教えてもらってのでちょっと調べてみました。1998年発表当時の記事が これ です。どうもDigitaは複数の組込み機器メーカーとコダック・モトローラの連合だったようです。今から10年以上前の話でFlashpoint社のHPは見当たりませんから、潰れたか吸収されたかしたのでしょう。1999年にはDigita用の画像アプリ、Digita FXも発売されたようでその時点では複数のカメラやプリンターに採用されてこのまま行けばメインストリームと思わせる勢いがあったようです。なぜDigitaが消え去ってしまったのかは具体的には分かりませんが、推測するに急激なデジタル技術の進歩に追いつけなかったのではないでしょうか。あとはDigitaはOS周りはA社、センサーはB社というように悪く言えば寄せ集め集団でした。それ故に空中分解するのも早かったのでしょう。しかし、興味深い点はこのDigitaの原点は実はApple社が開発した技術だったという話です。

当時、FlashPoint社とライセンスを結んで実際に製品を出荷したメーカーはコダック(デジカメ)、セイコーエプソン(プリンター)、ミノルタ(デジカメ)などがありました。ミノルタのDimage EX ZOOM 1500(1998年)をググッてみると、こりゃビックリ、最近のどこかのカメラとコンセプトはそっくりではないですか。非常に野心的設計のカメラだったようです。ただし画素数は1.5メガと現在ではトイカメラ程度です。実機を見てないので確かではありませんが、動作はモッタリしたもののようでこの問題はFlashPoint社も認識していたようです。

ただ、非常に注目すべき点はこのOS内でDigita Scriptという言語(インタープリター)を動かすことが出来たということです。仕様書、APIも公開されていたようで、ユーザー側で色々な機能を追加したり、画像を加工したりすることができたようです。(ゲームの類も作られました。)これは推測ですが、Digitaのモッタリとした動作というのはOS自体というよりもこのインタープリターのせいだったのかも知れません。(OSはリアルタイムOSとして定評のあるVxWorksで、このOSは核ミサイルなどにも導入事例があるそうで非常に信頼性の高いものです。)キャノンとかニコンなどプロ用カメラを作っていたメーカーがDigitaを採用しなかったというのはこのモッタリに理由があるような気がします。12年前のプロセッサーの速度を考えるとモッタリは簡単には解決出来なかったのでしょう。でもOSを持ってランゲージ・ドリブンなDigitaはかなり未来を先取りしたカメラだったと言えると思います。ニーズによってユーザーがプログラム可能なデジタル・カメラ!、なんて素晴らしいんでしょう。 ただ残念ながら、当時のCPUでは処理が間に合わず、結果製品としては未熟児として世に出てしまったのがDigitaにとっては不運でした。

Digitaの種を蒔いたアップルはその後携帯電話向けのOSを開発してiPhoneに搭載しましたが、標準装備の内蔵カメラをサポートすることになってiPhoneはDigitaの夢を引き継ぐことになりました。スクリプト言語は非搭載ですが(セキュリティー上の理由でアップルは言語システム搭載を許可しないでしょう。)、APIが公開され、豊富なアプリケーションによって様々な撮影ニーズを満たすことの出来るカメラ(というかカメラ付携帯)が誕生した訳です。

iPhoneを使うようになって気に入っているのはこのカメラ(本当は携帯電話なんですが)内で複数のアプリケーションが自由に使えることです。この自由さは経験してしまうといわゆる専用デジカメが非常に窮屈なものに見えてしまいます。そのうえ携帯電話なので通信機能もついていますから、データの直接アップロードも可能で、必要になった機能だけをすぐその場でアップルストアから購入してダウンロードして使うこともできます。このような点からiPhoneは未来のカメラをある程度先取りしているように思えます。以前アップルはMacの生産・販売会社でしたが、近年は自らアップルはiOSの会社であると宣言して大きく路線変更をしています。また一方で競争相手のAndloid連合もジワジワと距離を詰めつつあります。

iPhoneはともかく、ミライのカメラとして欲しい機能を上げてみると、
・インターネットとの融合
・互換性の高いOSの使用、APIの公開
・自由なアプリケーション開発と配布と連携
といったところを目指して欲しいです。現在のデジカメとはかなり距離があります。こういう機能を持つとちょっとカメラとは言い難いかも知れませんが、いろいろな意味で「繋がる」というのがミライのカメラのキー・コンセプトだと思います。






水戸黄門でHolgaの巻き太り防止

Holgaでよくあるようなのですがフィルム巻取りメカにテンションをかける部分がないため、巻き取ったフィルムが緩んでしまって、裏蓋を開いた時にフィルムがかぶってしまう問題がよく発生するようです。(いわゆる巻き太り)最近のモデルではフィルムスプールの下側にスポンジが貼ってあって、これで圧力をかけて巻き太りを防止するようにはなっていますが、それでもあまり効果はないようです。(無いよりマシといったところ)

普通のちゃんとしたブローニー判カメラならスプール室の部分に金属製のテンショナーがあって圧力をかけるようになっています。しかしこれを自作するのはちょっと面倒そう。他の方法をネットで見てみるとテレフォンカードを貼り付けるというのが見つかったのでこれを真似してみました。これは本来の目的はフィルム圧板としてテレフォンカードを裏蓋に貼りつけてフィルムの平面性を良くするということのようですが、フィルムの巻き太り防止にも効果があるようです。

20100620-1.jpg
フィルムに圧力をかける黄門様御一行


こんな感じで裏蓋に水戸黄門の使用済みテレフォンカードを瞬間接着剤で貼り付けました。フィルムカウンターの赤窓はふさぐとまずいので切って赤窓をよけています。これがあるとフィルム巻上げの時の感触が全然違います。裏蓋の隙間の空間がテレフォンカードの厚み分だけ狭くなり、そこにフィルムと裏紙が通過するので摩擦が増えます。巻上が重くなった感触で実際撮り終わってフィルムを出してみるとかなりきつくスプールに巻かれていて、これなら巻き太りでカブる心配はしなくてもよさそうです。


20100620-2.jpg


それから最近ヨドバシで見慣れない120用のカラーネガ/フィルム、フジのPRO400Hというのを見つけました。普通売られているPRO400に比べて軟調なのだそうでトイカメラユーザーに人気があるとか。調べてみるとフジフィルムの海外向け製品のようで、国内出荷はされていないので逆輸入したもののようです。Holga用にちょうど良さそうなので試してみることにしました。



針穴ようやっと

2月頃ポーランドからやってきた木製ポラロイド針穴写真機ですが、ようやっと写りました。何がダメだったのかというと、まずはデフォルトでセットされていたレンズがピンホールでなくてゾーンプレートだった為に露出オーバーを繰り返して1パック10枚全滅。付属のゾーンプレートはF値が明る過ぎるのでした。(かといって手持ちで撮影出来るほどではない。) orz 

しかし付属のピンホールに変更して撮ってみるとやはり露出オーバーで全面真っ白になってしまいます。微かに写っているものもあったので、同一条件で露出時間を半分にしてみるとこれも真っ白。もしかして露出が足りないのかと考えて2倍で試してみると、これまた真っ白け。これまた1パック10ショット全滅です。 orz

「???」どうにも解せない結果で考え込んでしまいました。唯一考えられるのはピンホール以外から露光している可能性です。これなら露光時間を半分にしても真っ白なことが説明可能です。で、裏蓋を開けてよ?く観察してみるとポラパックと木製ボディを接合してある箇所で広めな隙間を透明な接着剤で塞いでいる箇所が見つかりました!暗い部屋で観察すると外部からの光がダダ漏れ状態ではないですか。 orz 

外から黒パーマセルテープで塞いでから3個目のフィルムパックで早速試写してみると・・・・やっと写りましたぁ。しかし、結果はちょっと問題があります。かなり周囲が円形に欠けてしまっています。どうも製作者は実写テストはしてなかったと思わざるを得ないです。それにちょっと画角が狭すぎるように思います。焦点距離が長過ぎるのですね。それからピンホールの作り方にも問題がありそうです。ピンホールの板厚が厚すぎるんじゃないかと思います。ということで東急ハンズで買った極薄真鍮板でピンホールを作り直そうと思います。


20100618.jpg
ベランダの花 露出時間 ND4付けて20秒くらい







Holgaがやってきた

最近人気のあるトイカメラ達は今までプラカメなんぞ見向きもしなかったような様々なユーザーを痺れさせてフィルムカメラの面白さを世界中に広げているようです。カメラは精密機械だからとても高価なので大事に使わなくちゃいけない、という常識を根底から覆すという快挙(?)を成し遂げてしまったトイカメラ達ですが、最近iPhoneをよく使うようになったせいでムクムクと興味が沸いてきました。トイカメラをエミュレートしたカメラアプリ、Hipstamaticの影響大です。それとトイカメラで撮られたインパクトのある作品を多数目にしたこともあります。そんな訳でThe King of Toy Camera、Holgaを中古で探すとすぐに見つかり、落札しました。フィルター1枚分のお値段でした。

やってきたのはHolga 120CFNという型番のカラーフラッシュ(!)を搭載した豪華モデルです。フラッシュ発光部に赤・青・黄のプラ板がダイヤル一つで設定出来るようになってます。発想が全くブッ飛んでますね。ボディは総プラスチック製なので頼りないくらい軽量です。で、その構造をよーく眺めてみると極めて合理的なことに驚かされます。ここまで手を抜いてもカメラとして機能するというその設計の巧みさには感心してしまいます。

スペックを確認するとシャッターはバルブと1/100secのみ。レンズは公称F8のアクリル製60mmで目測、絞りは切替スイッチが付いているのですが、切り替えても実は絞りは全く変化しないという大胆な設計(ミス?それとも精神的な支え?)となっています。実はレンズそのものはF5.6なのですが、レンズ後部にあるリングによって絞られてF8になっているということだったので、早速バラしてこの絞りリングを除去しました。これによって被写界深度は浅くなり、フレアが出やすくなるでしょうが、トイカメラなんですから全くOKです。これでレンズは1段明るくなりました。

しかし、使えるシャッター速度が1種類というのが残念です。ISO400のフィルムを使うとするとF5.6、1/100secでEV値は9。これを下限として、晴天下だとEV値は15程度になりますから6段程度の絞りが欲しいところです。メカニカルな絞りというのは難しいので代わりにNDフィルターで減光する作戦で行こうと思います。Holgaのレンズにフィルター用のネジは切っていませんから46mm-49mmのステップアップリングをねじ込んでフィルター装着が出来るようにしました。これで以下の組み合わせで6段分の減光となります。
1段 ND2
2段 ND4
3段 ND8
4段 ND8+ND2
5段 ND8+ND4
6段 ND8+ND4+ND2
フィルター3枚重ねはさすがにけられてしまうかも知れません。ネガフィルムなら露出オーバーには強いので6段目は5段目と同じでもOKでしょう。(トイカメラだし)

でもフィルターをはめたり、外したり、重ねたりは少々煩わしいですね。もう少し簡単な方法を考えてみます。Holgaは一応絞りスイッチが付いていて切り替えるとレンズ後端に枠が出てきます。ただし、この枠は何もないただの枠で、しかもレンズより大きいので何の役にも立っていません。でもこの枠にフィルターを付けられれば役に立ちます。NDフィルターのガラスをカットしてはめられればベストですが、ガラスのカットは大変そうです。代わりに何か使えるものがないか探してみると、ありました。よくハードディスクとか回路基盤を入れるのに使われている帯電防止用の袋。(それから現像したモノクロフィルムの未露光部分も使えそうです。)試しにカットしてiPhoneのレンズの前に貼り付けて露出計アプリLight Meterで測ってみるとちょうどEV値で1段だけ暗くなります。正確ではありませんが、これをなんちゃってND2フィルターと思って絞り枠に両面テープで貼り付けました。
1段 内蔵ND2フィルターのみ
2段 ND2+内蔵ND2フィルター
3段 ND8のみ
4段 ND8+内蔵ND2フィルター
5段 ND2+ND8+内蔵ND2フィルター
6段 露出オーバー覚悟で耐える(笑)
うーん、あまり変わらないかも?でも持ち歩くフィルターはND2とND8の2種類だけで済みますね。

しかし、このなんちゃってND2、よくみると表面が滑らかではありません。ちょっとすりガラスのような感じです。iPhoneで有り、無しで撮り比べて比較すると付けた場合は明らかに全体にフレアっぽくなってコントラストが下がります。ちょうどソフトフィルターをかけたようになりますが、トイカメラですから全然問題ありません。むしろこの位の方が好みです。


20100610-1.jpg
iPhone 3GSでベランダの花を撮ったもの



20100610-2.jpg
帯電防止袋の切れ端でレンズを覆ってみると、コントラストは落ちてソフトムードに



難点は内蔵フィルターのオン・オフで画質が変化してしまうことですが、そこはトイカメラなんだからと納得することにしました。ということで早速このHolgaで近所を撮ってみましたが、なんとも頼りない筐体でフィルムを巻き上げるとキューキューと音がしてこれはカメラじゃなくて、トイなんだということを認識させられます。さてどんな絵になるか、現像結果が楽しみです。





小さな黒いやつ

20100528-1.jpg


なぜここにこの小さな黒い物体があるのかよく分かりません。おそらく・・・40mmレンズ(好みの画角)、ゾナー(好みのレンズ)、コンパクト(これも好み)といったところに惹かれて本人の理性とは無関係に「ポチッとな!」したんでしょう、きっと。届いたカメラをよく見てみると、メカ・フェチはコロリとやられるであろうフェロモン(?)をプンプンと匂わせています。小型化の為に距離計は不要としてしまう潔さ、目測でも何とかなる准広角40mmレンズの搭載、カメラ側が露出を強要しないで最終的には人間が判断しなければならない、などなど設計者のバランス感覚があちこちに見え隠れしてます。あたかも「さぁて、あんたにこれが使えるかな?」と問いかけているかのようです。

実際使ってみるとかなり使いにくさを感じてしまいます。ボディーが小さ過ぎてホールドしにくいですし、ホールドしようとするとそこにはシャッターダイヤルやら絞りダイヤルがあったりで、いじくっていると落としそうになってしまいます。それに巻き上げレバーが左側にあるなんて。しかも巻上げレバー軸の真下に透過式のファインダーとは!

このカメラのオリジンは1966年のRollei 35で長い間に数多くのバリエーションを生みました。とは言ってもレンズが変わったり、露出計が変わったりで基本は1966年のモデルとほとんど変わりません。長年に渡り生産されてきたのはその設計コンセプトが正しかった証明なのでしょうね。

ISO100のカラーネガを入れて撮ってみると露出計のレスポンスがスローで最初はモタつきましたが、ひとたび慣れると快調に撮影出来ます。距離計がないのも設定することを忘れなければそれほど苦にはなりません。ただ最近はデジタルばかりだったせいか、フィルム巻上を忘れていることが何回かありました。操作には色々と約束事があるのですが(巻上げないとレンズが沈胴できないとか)、それらも慣れるに従って楽しめるようになってくるのが面白い点です。やろうと思えばかなりの部分をこのカメラでこなせるような気がしてきます。今のところ、機動力重視のお散歩カメラとしてiPhoneとRollei 35SEの組み合わせは最強じゃないかと思ってます。

このRollei 35SE用にオプションで専用メタルフードがあったようですが、手に入れるのは難しそうです。検索してみるとハクバからRollei 35S用に30.5mm径のメタルフードがまだ販売されているようです。ところが家の中で使えるフードが見つかりました。Pentax Auto110用のゴムフードで30.5mm径のものがあったのです。ついでに同じサイズのUVフィルターとレンズキャップも見つかりました。このゴムフード、たぶんAuto110の広角レンズ用フードだと思います。おそらくけられることはないでしょう。具合の良いことにフードの根元にローレットが刻んであるので、そこを持ってフォーカシングが出来ます。それにフードを付けたままでレンズキャップも付けられます(嬉)。

フードといっしょに出てきたのが同じくAuto110用30.5mm径のクローズアップレンズ。このカメラ、コンパクトで良いのですが、寄れないという弱点があります。(最短90cm)散歩中に花などを撮りたいと思った時に寄れないのは残念です。でも、これはさすがにフレーミングが難しそう。テスト撮影してその中からだいたいのポジションを割り出してやれば根性(?)で使えるかも知れません。





ただいま奮闘中

20100509.jpg


例によってジャンク相手に奮闘しているのですが、果たして報われるのだろうかっ? 
こいつはけっこう手強いです。


改善要望

最近頻繁に使うようになったiPhone 3GSのカメラアプリであるSlow Shutter Cam、25秒までのスローシャッター機能でとてもユニークな絵が作れて気にってます。でも、使うにつれてもう少しなんとかならないかなぁという点もあったので、製作元のCogitap Softwareのサポート宛に改善要望を出してみました。「次期バージョンはもっと機能を追加するよ」とか言ってますからやる気はありそうです。たとえ230円と言えども正式ユーザーの権利を行使しなければ勿体無いですから(笑)。それにiPhoneアプリの中でカメラアプリは競争が厳しいジャンル、その中でCogitapはまだマイナーな存在ですから今だったら意見を聞いてくれるかも、という狙いもありました。

意外なことにすぐに「ご意見ありがたう」との返信が来ました。それを読むとどうも彼らはフランス人のようです。アップル製品のソフトだからてっきりアメリカの会社と思い込んでいましたが、それは思い込みでした。恐らくiPhoneアプリの開発者は世界中にいるのでしょうね。それ故にあんなに多様な可能性に溢れたソフトが生まれてくるのでしょう。個人的にはフランス人の自信過剰的な国民性(?)って好きになれないのですが、ユニークな感性を持っていることは違いありません。ということであまり期待ぜずにバージョンアップを待つことにします。


Ilford Advocate

20100322.jpg


久しぶりの入荷はミシガン州ニューバルチモアから届きました。英国Ilford製の35mmフィルムカメラ、Advocate。その風変わりな外見から美白カメラとか、貴婦人とか呼ばれているようです。白いボディにアドボケイトとは何とも大胆な名前をつけたものです。やって来たのはF3.5のレンズ付ですのでシリーズ2、ということは1952-1957年の間になります。ボディはアルミ・ダイキャスト製で淡いクリーム色のエナメル塗装、そしてレンズはDallmeyer Anastigmat 35mm/F3.5という広角レンズ、というカメラです。さすがに半世紀が経っているのでエナメル塗装も無傷というわけにはいかず、あちこちに小傷がありますが、まあまあきれいな方ではないかと思います。

このカメラ、別にこのルックスが気に入ったわけではなく、実はDallmeyerの35mmレンズに惚れてのことです。なんせ古いメカ・カメラですから、ボディがだめだったらレンズを外してレンジファインダー機で使おうという魂胆だったのですが、いざ、梱包を解いて取り出してみると・・・・レトロな美しさにうっとり、です。出来ればこのまま使いたいという思いが強くなりました。Advocateは広角レンズいうこともあって距離計がなく、完全なフルマニュアル・カメラです。その分メカはシンプルなので長持ちするのではないかと思います。

早速カラーネガを装填して試し撮りを近所で行いました。バルナックライカと似たような大きさのボディで持った時になんとなく手に馴染みます。撮影中少々悩んだのはヘリコイドの距離表示がフィートなこと。被写体を見つけると、「んーと、3.5m位か?」と距離を推測してそれをフィート換算してから距離をセットするという通常やらない作業をやらなければなりません。フィルムカウンターのセットも最初は分からず、結局撮ったコマ数を覚えて対処しました。最大の難問は撮り終わったフィルムをどうやって巻き戻すのか?でした。ボディのどこにもそれらしきボタンもレバーも見当たりません。悩んだあげくにネットでググッたところ、巻上げ側のダイヤルを押し下げながら巻き戻すということが分かりました。つまり巻き戻し中はずっと巻上げダイアルを下側に押し下げていなければなりません。これはちょっと面倒ですね。

戸惑いながらも久しぶりのフィルム撮影はデジタルとは違った緊張感のある時間を楽しむことができました。どちらも撮影という点では同じことをやっているとはいえ、その感覚がこうも違うというのは面白いことですね。24枚を撮り終えて近所のDPE店で現像してもらいました。
そして待つこと30分、その結果は驚愕でした。  (つづく)

CP+

時間が取れたので午後から横浜パシフィコで開催されているCP+(カメラ & イメージング・エキスポ)へ行ってきました。久しぶりの横浜ですが、改めて見てみると、魅力的な被写体が豊富な街です。いつのまにか高層マンションらしきものが乱立していたりで、変化するのも早い街ですね。まさにFast Cityってところでしょうか。

CP+の会場に入ってまずはペンタックスのブースへ。ようやく陽の目を見た645Dがお一人様5分程度でということでズラズラと並べられていました。早速拝見しましょうかと思ってふと視線を上げると目の前にJ氏が。肩を叩くとむこうもびっくりで1年ぶりの再会ということでいろいろなことで話が盛り上がり・・・・


20100312-1.jpg


結局ほとんど見ないうちにバドワイザーで乾杯となってしまったのでした。 orz
まぁそんなに見たいものがあった訳でもないのでたまにはこういうのもありということですね。

そう言えば今回気が付いたのですが,会場でカメラを下げた若い女性の姿がやけに目立ちました。それも彼氏と来ているのではなく、女性同士で連れ合って来ているようです。女子カメラ人口は着実に増えているようで、これは業界としても喜ばしいことでしょう。今日はほとんど見る時間がなかったのですが、その中でのCP+のマイ・ベストは何かと言うと・・・・

20100312-2.jpg


このカメラ、歴代のポラロイドカメラがズラリと陳列されたガラスケースの中にありました。1999年に発売されたポラロイドカメラです。カメラとは思えぬような大胆なデザインが素晴らしく、どうも鼻の部分がレンズのようです。撮影する時にこれを取り出したら大受け間違いありません。これは凄く欲しくなりました(笑)。

追記:
調べてみたら名称はTaz Instant Camera、Tazとはワーナーブラザーズのアニメ「Looney Tunes」に出てくるタスマニアン・デビルなのだそうです。使用フィルムは600で当時の価格は35ドル。同時に写真周辺にカートゥーン・キャラがあらかじめ印刷された専用フィルムも販売されたそうです。

Elgeet 25mm F1.5 (C-mount)

米国Elgeet社は光学メーカーとしてはKodakやWallensakに比べてマイナーでどちらかというと廉価品を生産していたようです。マーケッティング的にその方が商売として旨みがあったのかも知れません。Elgeet社の歴史を調べて見ると、当時から非球面レンズを製作していたりとけっこう技術的には意欲的なところもあったようです。そういう意味でちょっと面白い光学メーカーだなと思っていました。そんなElgeetのレンズで初めて入手したのが25mm/F1.5です。小型ながらどっしりとした重量感のあるレンズで、外観はきれいだったのですがヘリコイドを無限遠にしてピントが合うのが2メートル先という状態でした。 orz  これには全くお手上げだったのですが、ルミエールのRamjeeさんに調整してもらった結果、ようやく正常に使える状態となりました。

ノンコートなせいで盛大なフレアが出るのですが、そのせいもあるのか滅茶苦茶ピントの山が掴めません。逆光気味な場合などEVFの拡大モードでもイライラするほどです。さらに輪をかけてなぜかヘリコイドにクリックがあるのでフォーカシングがやり難いこと、やり難いこと。EVFのピント合わせでこんなに難儀するレンズは初めての経験です。今日は久しぶりの晴天だったので先日Steinheil Qunonで撮影した河津桜をまた撮ってみました。センサーサイズがフルではかなりけられてしまうので全て縦横比3:2にして撮影しています。(イメージサークルでけられているのではなく、鏡胴自体でけられてしまっているようです。)


20100311-1.jpg


20100311-2.jpg


20100311-3.jpg


なんとも奇妙な写りでまるでKodakのベス単のような感じです。この手の古いレンズでは条件が厳しい場面でしたが、この雰囲気は貴重品です。使い難いレンズですが、今年の桜撮りには頑張ってもらおうと思っています。